fc2ブログ

いつだって長さんがいて…

2007/06/25 Mon 10:55

いつだって長さんがいて…いつだって長さんがいて…
(2006/11)
今江 祥智

商品詳細を見る

こちょこちょが飛んでくる

さて…

長さんなら なんと言うだろうか?
答えをしっているのだろうか?
いったいどうしたらいいんだろう?

それは求めれば絵本の中にみつかるだろうか?
どこかに描かれているのだろうか?
いったい何処にいけばいいんだろう?

指でさわると全て隠れてしまうくらい小さな絵が載っている。
そこには小さなクジラを抱く長さんが描いてある。
添えられた今江さんの文も味があって一番好きだ。
心をくすぐられるような快感。

確かに長さんがいた。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)

ライオンのおとしもの

2007/06/25 Mon 10:54

ライオンのおとしものライオンのおとしもの
(2007/05)
いとう みき

商品詳細を見る

表紙は2回楽しめる

なさけない姿であるく表紙のライオン。実は王様らしい。
先祖代々受け継いできた王冠をなくしてしまって
探しまわっているところなのである。
そんなライオンに出会った女の子とカラス(?)が 彼につきあって
いっしょにあちこちを探しまわるという話しです。

みどころは透明感と色彩にあふれた絵ですね。
草原、川、岩山、森 と次々にあらわれるシーンがどれも美しい。
ライオンには悪いけど、王冠探しが終わらないで、ずーっと続けば
いろいろな所へ行けていいな なんて気持ちになりました。
中でも花畑のシーンにはうっとり。誰もが夢見心地になることでしょう。 

で、王冠はみつかったのか? ここでは言えませんね。

ボクの想像ですが、翌日も3人は王冠探しに出かけたのでは
ないでしょうか。表紙のライオンをもう一度みると、わざとらしい眼が
それを示しているような気がしてならない。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |