fc2ブログ

ねんどろん

2012/05/30 Wed 06:09

ねんどろん (講談社の創作絵本)ねんどろん (講談社の創作絵本)
(2012/03/29)
荒井 良二

商品詳細を見る

泥んこ生まれ ドロンと変身 

変幻自在な粘土キャラ3人組。赤、黄色、緑の色が鮮やかですね。
合体変身して陸、海、空の乗り物になったりする様は
まるでゲッターロボ(笑) 今の世代だったら何を連想するんだろう?

何にでもなれる自在さは、柔軟な発想や隠れた才能の発現、
仲間との合体は、チームワークの中で個性を発揮する喜び。
などなど気分しだいで好きずきに解釈できそう。

リズミカルな言葉でずんずん展開される粘土劇場をご覧あれ。

--------------------【Review for Review】--------------------
空腹時はマジパンにみえるかも。 
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
いったい何故こんな形をしているのか? 作るのも食べるのもひと手間かかるし。
構造上の理由なのか生地はちょっと固め。しかし、収納性は抜群にいいですね。
ちょうど4つ購入すると専用のケースに入れてもらえます。なんか嬉しいぞ。

IMG_0196.jpg IMG_0197.jpg

今回は動物柄でそろえてみました。トラ→マンゴー 牛→カスタード 
キリン→チョコ ヒョウ→キャラメル と中身もコーディネートされてます。
なんか見ているだけで笑いがこみあげてきますね。まるで四角四角ごっこを
して遊んでいるみたい。

さて、四角四角ごっこで思いつく絵本といえば『かくかくかっくん/新井洋行』。
小さな赤い四角が触れた動物は、みんな姿がカクカクになってしまう。
キリンも登場してますよ。

かくかく かっくん (新井洋行かたちえほん)かくかく かっくん (新井洋行かたちえほん)
(2012/02/07)
新井 洋行

商品詳細を見る

絵本の舌心 | コメント(0) | トラックバック(0)

にんじゃべんとう

2012/05/27 Sun 09:32

にんじゃべんとうにんじゃべんとう
(2012/04)
木坂 涼/いりやま さとし

商品詳細を見る

これは絵本という忍法

読む前にタイトルから色々と想像がふくらんでしまいました。
なんてったって忍者ですからね。分身の術、火遁の術、水遁の術、
手裏剣を投げ、煙幕で消えたり、とかネタが豊富だし。
つまり、忍術と食べ物がどのようにに関係してくるかがみどころ。

本書ではお弁当が出来上がるまでの様子が、忍術にからめて
ストーリー化されています。○○の術とつければ何でもありなのか?
これって術と言えるの? なんて思ったりもしましたが、
ここは素直に楽しみましょう。出来上がったお弁当は奇麗に
まとまってるんだけど、もっと忍者らしさが欲しかった。

--------------------【Review for Review】--------------------
魔法使い弁当、手品師弁当でもいけそう。今ならオリンピック弁当か。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)

たべてあげる

2012/05/26 Sat 07:59

たべてあげるたべてあげる
(2011/12)
ふくべ あきひろ/おおの こうへい

商品詳細を見る

食あたりに注意!

もしこの作品が怪談絵本ということで登場していれば、また違った評価の
され方をしたかもしれません。こどもに与える圧迫感は強烈だし、ついでに
食べ物の好き嫌いをなくす効果も期待できて一石二鳥だと。

ただし、食育絵本としてみるならば、読み込んだものを吐き出したくなる。
特にラストシーンは眼を覆いたくなる方も多いのでは、親御さんでなくても。
いや、怪談絵本としてもこのラストはインパクトが強すぎる!
絵が生々しすぎですからね。もっとほのぼのとしたタッチで描かれていれば
消化しやすい内容になったのですが、構成自体はありなので。

まあ、自分の事をふりかえるなら、本書を読んで一時的にショックをうけても、
それをいつまでも引きずる程、こどもはヤワでないと思いたい。

--------------------【Review for Review】--------------------
さて、今日は何を食べようか。心に浮かんだのは、あの変な形のスイーツ。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)

空のおくりもの

2012/05/24 Thu 06:36

空のおくりもの―雲をつむぐ少年のお話空のおくりもの―雲をつむぐ少年のお話
(2012/02)
マイケル キャッチプール/アリソン ジェイ

商品詳細を見る

環境破壊を詩的に警告

空想的技術力にしてやられた。雲から糸を紡ぎ出すなんてすばらしい。
たしかに空には綿雲、羊雲なんてありますから、うまく加工すれば
布を織ることだってできるはずです。空想的には。

そんな糸から生まれた服やマフラーなど想像するだけでもワクワクしますね。
そりゃぁ王様でなくったって欲しくなりますよ。しかし乱獲はいかんよと。
環境破壊へとつながる行き過ぎた人間の欲求に警告をならす耳の痛い内容。
あえて難点をいえば、あまりにも絵がすばらしいので、かえって心地よい
気分になってしまうところか。

自然と人とのありたき関係を詩的に織りなした傑作絵本です。

--------------------【Review for Review】--------------------
深層心理へと感覚的に訴えかける力はありますね。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
ヘ#12442;ンキ#12441;ン

このなんとも愛らしいケーキに出会えるところは池袋メトロポリタンホテル1Fの
ペストリー&ベーカリーブティック。販売は期間限定で2012年10月31日まで。
タルトサイズのものは限定80コ/日が午後にはなくなることがあるほどの人気らしい。
ファンシーな見た目に似合わず中身は本格的。きちんと作り込まれています。
中のレモンクリームがチョコのコーティングと上品にマッチ。

さて、Suicaペンギンのイラストを手がけたのは坂崎さん。ペンギンの絵本も数冊
出していますね。なかでも『ペンギンジャンプ/さかざきちはる』はおすすめ。
人間社会に溶け込もうと様々なところで働く健気な姿が微笑みをさそいます。
ホテルのボーイやレストランのウェイターなどけっこう様になってますよ。
楽しくもてなしてくれそう、まるでこのケーキみたいに。

ペンギンジャンプ (ココロで読む絵本)ペンギンジャンプ (ココロで読む絵本)
(2000/03)
さかざき ちはる

商品詳細を見る

絵本の舌心 | コメント(0) | トラックバック(0)

いろいろいちご

2012/05/20 Sun 09:42

いろいろいちごいろいろいちご
(2012/04)
山岡 ひかる

商品詳細を見る

ペロリと楽しめるいちご絵本

食材としての いちごが変化した姿を感覚的に表現したユニークな絵本。
たとえば、本来ならば砂糖といっしょに煮詰めてできるジャムの場合。
お昼寝いちごがぽかぽかの陽気でとろーんとなった姿として描かれている。
では、踊るいちごは、雪合戦するいちごは、そして山登りするいちごは、
さてどうなったか? いちごをたっぷり満喫できるスイーツな作品です。

--------------------【Review for Review】--------------------
今期の目標はマニアックな特技を習得すること。今でもそれなりに出来なくは
ないですが、目指すレベルまで登りきっていない。むふふふ。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)

ちこく姫

2012/05/19 Sat 09:01

ちこく姫 (Cub label―わんぱく小学校シリーズ)ちこく姫 (Cub label―わんぱく小学校シリーズ)
(2012/04)
よしなが こうたく

商品詳細を見る

女の子も熱いぜ!!!

わんぱく小学校シリーズの最新作は、またまたインパクトのあるタイトル。
いままでは、給食、飼育、あいさつ、おそうじ、と学校生活にちなんだ
テーマの中でもポジティブな行為が取り上げられて来ました。
対して今回は、望ましくない遅刻という行為にスポットを当てたことで
前4作のもっていた熱血生活指導的な世界観が微妙に変化しました。
濃厚な豚骨味が売りだったラーメン屋にトマトスープ味が加わったような・・・
まあ、面白ければなんでもいいんですけどね。

主人公は女の子になっても少年漫画的なノリはよりいっそう加速。
学習発表会をめぐる他組の女番長との攻防が繰り広げられる。
大胆にして細部まで神経の行き届いた描写は相変わらずです。

--------------------【Review for Review】--------------------
うちの職場にもチームリーダー的立場でありながら、みんなより遅れて
出社する女子デザイナーがいる。フレックスタイム制なので遅刻では
ないのだが・・・。よく言えば、このチームはリーダーより遅れてくる
不届き奴はいないってわけか。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)

【KAMEN RIDER THE DINER/池袋】

2012/05/19 Sat 04:01

昨晩は4月にオープンした仮面ライダーとのコラボレストランへ。
ショッカーのアジトを模した店内はちょっと怖いけど、スタッフの対応はまともでした。
メニューは意外と多いので、ストーリを組み立てるがごとく選べるのがいいです。

IMG_0156.jpg ショッカーの極秘バクダン

まずはショッカー爆弾のお出ましだ。エンブレムの焼き印が雰囲気を出している。
カレー味の肉まんなのですが、爆弾というほどの破壊力はない。戦闘員レベルですね。

IMG_0157.jpg ロコモコ1号

さてウォーミングアップが済んだ所で変身だ! どうだ、とばかりに登場したのは、
誰がどう見ても仮面ライダー。色がちょっと違うけど、細かいことは気にするな。
触覚のトウガラシ・・・勇気を持って噛み砕くと、後から辛さが効いてきた。
気分はバトルモードに。ここぞというところで隠れていた半熟卵を口にする。

IMG_0158.jpg ライダーパフェ 宇宙キターッ! Ver.

デザートは一足飛びに最新ライダーのフォーゼへ。これもそのまんまだなぁ。
食べる前に、店員さんと「パフェきたー!」って叫ばされてしまった。
ちょっと、恥ずかしい。よかった、近くに他のお客さんがいなくて・・・

まあこんな感じなんですが、絵本でいうと『ぼく、仮面ライダーになる!/のぶみ』
で決まり。初代ライダー世代から、いまの子どもファンまで楽しめる作品。
ほのぼのとした絵がどこかユルさのある料理ともマッチしています。

ぼく、仮面ライダーになる! (講談社の創作絵本)ぼく、仮面ライダーになる! (講談社の創作絵本)
(2010/02/26)
のぶみ

商品詳細を見る


絵本の舌心 | コメント(0) | トラックバック(0)

アマンディーナ

2012/05/16 Wed 06:14

アマンディーナアマンディーナ
(2012/04)
セルジオ ルッツィア

商品詳細を見る

きっと誰かが見ている

人生そのものが劇場の舞台に例えられたりしますね。そして意識しているほど
人は自分のことを見てくれていなかったりするし、逆に気づかないところで
自分の行為が人に見られていたりもするし。

どう見られているか気にするよりも、まずは自分で楽しんでしまおう。
からっぽの客席を前にしながら上演を始めたアマンディーナの初舞台から
そんなことを思いました。

--------------------【Review for Review】--------------------
さて、今日という幕が開いた。どんな物語を演じようかなぁ。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »