fc2ブログ
もりのおきゃくさま―「三びきのくま」のさかさまのおはなしもりのおきゃくさま―「三びきのくま」のさかさまのおはなし
(2013/10)
ブリントン タークル

商品詳細を見る

森の珍入者

サブタイトルにもあるとおり「三匹のくま」
をもとに、人間と熊の立場を入れ替えた作品
です。とはいえ、オリジナルを知らないでみ
ると、こちらが原型ではないかと思ってしま
うほど良く出来てる!

見知らぬ家に侵入して、スープを勝手に飲み、
椅子を壊して、ベッドで眠りこむ。確かに、
これは女の子より、やんちゃな子熊の行動に
置き換えたほうが自然にみえますね。

いずれにせよ子どもというのは、他人の領域
にずけずけと入り込んで、無自覚に迷惑な事
をする生き物なんでしょうか。立場が入れ替
わっても、熊のほうに共感してしまうのは、
ボクだけ?色味をおさえた真摯な描写の中に
痛烈な風刺が込められているともとれますが。

絵だけで展開されるので、オリジナルの文章
をこの絵本に当てはめて読むのも一興です。
出版社の名前にも注目(笑)

-------【Review for Review】-------
寒いと活動量が落ちるなあ。体を暖めてない
とすぐ眠くなってしまう。
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示