fc2ブログ

よあけ:あべ弘士:偕成社

2021/12/19 Sun 09:38



明けない夜はない

コロナ禍によって、我々の生活習慣といった身近なものから、
国家レベルの関係まで、様々な価値観や繋がりが見直される
ようになった。それを一言でくくるなら「リセット」という
言葉がピンとくる。だとすればコロナ明けは「リスタート」
「再起動」ということになるのだろうが、機械のオンオフ
のように単純ではなかった。グラデーションのように少し
ずつ光が指して、いつの間にか新たな日常が照らし出される
というのが実情だと分かってきた。

自然の営みに例えれば「夜明け」という言葉がしっくりくる。
その意味で、シュルビッツが描いた「よあけ(DAWN)」から
約半世紀を経て同名の絵本が生まれたことは、感慨深い。
ついでに言うと、日出ずる国の絵本作家からですよ。
作品の構成はおおむね共通してますが、あべさんならでは
の言葉や絵で展開されているのが特徴で、色彩豊かにして
野性味や生命感にあふれたものになっています。

これは世界各地での夜明けが始まる兆しと受け止めたい。

ーーーーーー【Review for Review】ーーーーーー
昨晩は久々に熊本市内での飲み会。帰り際、両手に
たっぷり消毒液がふるまわれた。

 
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示