fc2ブログ


怖さと笑いは紙一重

冒頭ページの文章がなかなか味わい深い。非常識な訪問者に
対して常識的な対応をする男の子との掛け合いが漫才のよう。
この非常識なやつが宇宙人や妖怪だったら、もっと真面目に
驚いたのでしょうが、肉まんですからね。

よもや中華街の重鎮と通じていたとは思いもよらなかったので
しょう。男の子の家庭だけでなく、人類の危機にまで
発展しそうな怖い話。肉まんといえども油断してはいけない。

ーーーーーー【Review for Review】ーーーーーー
毎年6月25日に長さんの作品をレビューしています。
この日が命日なので。続けていると何かご利益があるかも
しれないと密かに期待しているのですが、はたして
どうなのだろうか?
絵本レビュー | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示